ストレス対策にビタミンC

健康や美容に欠かせないビタミンは、ストレス解消にも必要不可欠。中でもビタミンCはストレス対抗力をアップさせてくれる存在です。

ビタミンCはストレスと戦うホルモンの材料になる

ストレスを感じると、ストレスと戦う「副腎皮質ホルモン」が分泌されます。ストレスが長期化すると副腎皮質ホルモンの量が増えると同時に、体の防衛本能を働かせるために「アドレナリン」も分泌されます。

副腎皮質ホルモンとアドレナリン、この2つの物質の合成に欠かせないのがビタミンCです。つまりストレスに晒されると体内でビタミンCが大量に消費されます。

ビタミンC不足は脳の働きを低下させ、日常の仕事や家事に支障をきたすといっても過言ではありません。

老化防止、免疫力アップにも欠かせない

さらにビタミンCは老化の進行スピードにも大きな影響を及ぼします。

体内に活性酸素が増えると、細胞が酸化します。そうなると白髪が増える、加齢臭が出る、肌のシミが増えるなどの老化現象が現れます。

ビタミンCには活性酸素の増加を抑える働きがあります。さらに免疫力を高めるので、病気に負けない体作りに欠かせません。毎日積極的に摂りましょう。

ビタミンCは熱に弱いビタミンなので、フルーツや野菜で補給するなら生の状態で食べましょう。サプリメントなら1日数回に分けて飲むのが効果的です。

ストレスから大病を患うこともあり得ますから、早めの対処で自分を労わってあげましょう。