強迫性障害

強迫性障害は小さなことが気になり過ぎる病気です。次のような症状が該当します。


  • 外出した後に、ガスの元栓やこたつの電源が気になって何度も帰宅してしまう。
  • 手を洗ってもきれいになった気がしなくて何時間も洗い続けてしまう。
  • 他人を傷付けることに強い恐れを抱いており、人間関係がうまくいかない。

不安のために新しい行動を起こせなくなる病気

強迫には、強迫観念と強迫行為の2つがあります。

強迫観念とは、ある特定の考えが頭に思い浮かび、それを何回も思案してしまうこと。典型的なものは「泥棒に入られたらどうしよう」「もしも睡眠中に地震がきたら」という不安です。

強迫行為とは、ある行為を執拗に繰り返すことです。不潔を嫌って何度も手洗いをする、ミスを起こさないよう何十回も書類を見直す、といった行為を指します。

通常、人間はこれらのことを1~2回確認すると、安心して次の行動に移す事ができます。

でも強迫性障害にかかると、何時間も何十回も同じことを繰り返し、その上、次の行動に進めないのです。

強迫性障害の人の思考パターン

ある研究によると、強迫性障害の患者さんは普通の人と異なる思考パターンをすることが明らかにされてます。

玄関のドアの鍵を閉めた時、私たちは無意識に「鍵を閉めた」という自分の行動を脳の記憶にしまいます。

外出中に「さっき鍵閉めてきたよね?」と思い出した時は、鍵を閉めた行動の記憶を脳から取り出して安心します。

強迫性障害になると、鍵を閉めた記憶を思い出すことが困難になります。記憶が思い出せないから不安が強くなり、もう一度鍵を確認する、という行為を繰り返します。

自分の行動を不合理と感じながらも、同じ行動を繰り返す行為がやめられない。コントロールができなくなる。認知療法はこういった状態を改善するのに有効です。

強迫性障害の完治には時間がかかります。特に行動を変える段階では医師や臨床心理士のサポートが不可欠。通院してる人は自己判断で中止せず、粘り強く治療に取り組みましょう。