自律訓練法

自律訓練法は1932年にドイツの精神科医・シュルツによって体系化されたリラクゼーション方法です。

催眠に誘導された人が「腕や脚に重たさや温かさを感じる」と話したことから、その感覚を自己暗示によって生じさせて、いつでもどこでもリラックス状態になれる方法が考案されました。

自律訓練法によるリラックスは、単なる気分転換に留まりません。肉体面では疲労回復、過敏状態が沈静化する、身体の痛みや精神的な苦痛を緩和するなどの効果があります。

精神面ではイライラ感が減る、向上心が芽生えるなど、日常生活に安定をもたらす効果を得られます。

自律訓練法の流れ

自律訓練法を行う時の姿勢は、静かな場所でイスに座ります。ソファに座ったり寝ころぶのでもOKです。

次に軽く目を閉じて「言語公式」を心の中で呪文のように唱えます。言語公式は自分に軽い催眠をかける言葉です。詳しい方法は、ページの終わりに紹介する専門家の解説サイトをご覧ください。

注意点

自律訓練法は誰でも簡単にできますが、内臓や脳に疾患がある方に向かない催眠があります。

初めて挑戦する時は解説ページを熟読し、具合が悪い器官に負担をかけないようにしましょう。

そして自律訓練法の最後に「消去動作」というものがあるのですが、これを必ず行って自己催眠を解くようにしてください。睡眠前のリラックスで行う場合は、そのまま眠ってもかまいません。

リンク

同じカテゴリの記事