不眠症の種類と症状

不眠症とは睡眠障害の一つで、睡眠のトラブルのために「寝付けない」「夜に目が覚める」など、日常生活に支障の出る状態が続くことを指します。

睡眠に関して悩まされている人は成人で5人に1人という割合で存在し、その理由はさまざまだといいます。

原因として考えられるのは、不規則な睡眠時間や環境、昼間の活動量不足、または心理的なストレスと関連した場合などがあります。

親しい人の死や悩みを抱えることなど、心理的なことが原因である場合は時間が掛かりそうです。

その原因が取り除かれたあとも眠れない日が続くと、「また今夜も眠れないのではないか」という心配から、慢性的不眠症になります。

朝早くに目が覚める、ぐっすり眠った気がしないなども症状の一種と言えます。「眠れない」と意識すればするほど眠れなくなります。

また、その原因を自分なりに分析すればするほどストレスになり、悪循環を招きます。そして、昼間は眠気が襲い、仕事や勉強にも身が入りません。

年齢を重ねると眠りが浅くなり、夜中に何度も目が覚めてなかなか寝付けない状態が続きます。体内時計のリズムがずれやすくなり、若いころよりも早寝早起きになります。これはうつ病にも見られる症状でもあります。