不眠症とカフェイン、アルコール

コーヒー党で、毎日何杯でも飲んでしまう私。寝起きにまずエスプレッソを入れてゆっくり飲み干すと、体が目覚める感じがします。

これはカフェインに心身共に興奮作用があるためでしょう。ゆえに、就寝前の摂取がよくないとされているのです。

不眠に悩まされている時にハーブティーを勧められて長らく飲んでいましたが、ハーブはカフェインが含まれないので、精神的にもリラックス出来ました。

夜には刺激の強いものを出来るだけ控えたいのですが、ホットコーヒーや温かいお茶は食事の締めにやっぱり必要。最近は夜にカフェインレスのコーヒーを愛飲しています。

カフェインと同じく、実はお酒も不眠に深く関係しています。一日の疲れを癒すにはビール!など決めている方も多いと思いますが、常用すると危険な場合も。

お酒を飲めばぐっすり眠れると考える人は多いはずです。確かにアルコールには催眠作用があるので、すぐに眠れるでしょう。

しかし、アルコールの支配によって睡眠の質に変化が起き、深い眠りは得られ難くなるようです。

お酒の量が極限まで達するとアルコール依存症になります。お酒がないと眠れないと思えばどんどん酒量が増え、不眠を引き起こすのです。

質の良い睡眠が得られなくなれば、夜中に目を覚ます回数も増えます。

毎日の睡眠に満足のいかない方は、お茶やお酒の飲み方を見直してみましょう。